スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)

 北海道稚内市で12日、日本最北の映画館「Tジョイ・稚内」がオープンした。地元建設業界などの熱意が実った22年ぶりのシネマ復活。関係者は「収益面で難しいのは分かっている。皆さんに喜んでもらって、町が良くなることが願い」と話す。
 稚内市には複数の映画館があったが、人口減と映画産業の衰退で1988年までに全館が廃業した。最寄りの映画館は南に約160キロ離れた名寄市にあるが、旭川や札幌まで出掛ける人が多い。
 Tジョイ・稚内を運営するのは、建設会社が中心となって設立した「最北シネマ」。藤田幸洋会長は復活の経緯について、「仕事でサハリンに行くと、片田舎でも主だった町に映画館がある。稚内にも映画館が欲しいよね、と関係者で話し合ったのがきっかけ」と明かす。
 同館はJR稚内駅前の再開発ビル2階にあり、三つのシアターは合わせて250席。うち二つは3D対応。残り一つには小さな舞台やスモーク発生装置などが備えられ、音楽会や演劇の上演も可能だ。 

事前協議に「迅速対応」=半島有事で米と確認―政府(時事通信)
新政権を席巻「松下政経塾」OB 野田、玄葉、前原、原口…(J-CASTニュース)
<はやぶさ>カプセル回収へ 豪の「聖地」に着地(毎日新聞)
故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決(産経新聞)
SFCGを本格捜査へ=破綻直前資産隠しか―民事再生法違反の疑い・警視庁(時事通信)

14日に進退表明=民主・小林衆院議員(時事通信)

 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は9日午後、自らの進退について、北海道教職員組合(北教組)幹部の判決公判がある14日に明らかにする考えを示した。国会内で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
小林氏陣営会計担当に有罪=北教組違法献金事件
小林議員進退「はっきりしている」=枝野氏
小林氏に議員辞職要求=鳩山首相
鳩山首相退陣表明の要旨
民主・小林議員の辞職決議案提出=4野党

<毎日新聞世論調査>菅内閣の支持率が66%の高率に(毎日新聞)
9月に自殺予防対策セミナー−日精看(医療介護CBニュース)
<菅首相>「報復人事、ない」小沢封じ込めは観測気球か(毎日新聞)
函館の食堂、水槽に洗剤入れイカ死なす(読売新聞)
決戦は水曜日 「ノー残業デー」ビジネス活況(産経新聞)

自殺者の6割、薬過剰摂取=目立つ若い世代―厚労省研究班(時事通信)

 精神科治療を受けながら自殺に至った人の6割近くが、処方された薬を過剰に服用していたことが、厚生労働省研究班の調査で分かった。過剰摂取自体の致死性は比較的低いものの、自殺行動を促す恐れがあり、国立精神・神経センター精神保健研究所の松本俊彦室長は「特に若い人に目立つ。乱用を防ぐ方策や、精神科医療の質の向上が必要だ」としている。研究班は自殺の実態把握と原因分析を目的に、2007年12月〜09年12月、自殺既遂者76人の遺族への面接調査を実施。精神科受診の有無など精神医学的な観点から分析した。
 自殺直前に何らかの精神疾患にかかっていたと推測される人は66人(86.8%)で、罹患(りかん)率は国内外の先行研究とほぼ一致していた。
 死亡前の1年間に精神科・心療内科の受診があった人(受診群)は半数の38人。30代以下が3分の2を占め、平均年齢は36.8歳で、受診していない人(平均46.3歳)より低かった。
 受診群の約8割が薬物療法を受けており、自己判断で治療・服薬をやめた人は約2割にとどまる。自殺時に、処方された睡眠薬や抗うつ薬などの過剰摂取があったのは、はっきり分からない5人を除き33人中19人(57.6%)だった。 

【関連ニュース】
パワハラでうつ病発症、自殺=市課長の公務災害認定
40代自殺の増加幅最大=20〜30代は過去最悪-12年連続3万人超・警察庁
4月の自殺者2493人=警察庁
3月の自殺者2898人=前年同月比7カ月連続減
生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か

社保事務所元職員が残業代支払い求め国を提訴 大阪地裁堺支部(産経新聞)
地域特化型高専賃を開始、訪問介護軸に都内から―メッセージ(医療介護CBニュース)
鳩山首相「社民党に協力のお願い、これからも」(読売新聞)
「これからは社民抜きで…」民主・平田氏が社民連立離脱を覚悟、民主党内にも動揺走る (産経新聞)
<韓国艦沈没>中国が対応模索 日中韓首脳会談閉幕(毎日新聞)

<篠山紀信氏>略式起訴…礼拝所不敬など 墓地でヌード撮影(毎日新聞)

 墓地で公然とヌード写真を撮影したとして、東京区検は20日、写真家の篠山紀信氏(69)を礼拝所不敬と公然わいせつ罪で略式起訴した。表現の自由を巡って議論が起きていたが、篠山氏は謝罪文書を出し「一連の捜査報道は表現の萎縮(いしゅく)効果を生みかねない。事件を教訓として受け止めた上で、新しい表現に挑んでいきたい」とコメントした。

 起訴状よると、篠山氏は08年10月15日夜、東京都港区の都立青山霊園内で、女優を全裸で墓石の上に立たせて写真を撮影したとされる。女優は指示に従っていたとして不起訴(起訴猶予)となった。

 篠山氏は百貨店など12カ所でヌード写真を撮影した容疑で書類送検された。区検は、篠山氏が08年9月に警察に注意された後も「下着を着けて撮影していた」との上申書を提出して撮影を続けた経緯や墓の所有者の処罰感情を踏まえて処分を決めたとしている。

 礼拝所不敬罪は、刑法に規定された犯罪。墓石を倒した場合のように、仏堂や墓所などで公然と不敬な行為をした場合に6月以下の懲役または禁固、10万円以下の罰金が科されるが、わいせつ事件での適用は珍しい。【大場弘行】

【関連ニュース】
児童買春容疑:35歳中学教諭逮捕…「若い子が好きで」
裁判員裁判:求刑上回る判決 さいたま地裁
裁判員裁判:耳の不自由な補充裁判員へ要約筆記者 奈良
児童買春:周旋容疑で男を逮捕 「神待ちサイト」で募集
強姦:少年を6件の容疑で逮捕 バス停近くで女性被害

特定外来生物 オオキンケイギク増殖 木曽川流域(毎日新聞)
琵琶湖 ブラックバスでペットフード…沖島の住民が開発(毎日新聞)
対外純資産、最高を更新=世界一堅持、266兆円―昨年末(時事通信)
「7・11参院選」鳩山―小沢体制で(読売新聞)
詐欺 ゲームソフトにウイルス埋め込み 警視庁が初摘発(毎日新聞)

<皇太子さま>首都圏外郭放水路を視察 埼玉・春日部(毎日新聞)

 皇太子さまは11日、埼玉県春日部市の首都圏外郭放水路を視察した。同放水路は、地盤が低く、水がたまりやすい同市周辺の浸水被害を防ぐために建設された。地下50メートルにある全長6.3キロの世界最大級の地下放水路で大雨の際、いくつかの中小河川からあふれ出た水が地下放水路を通り、江戸川に排水される。

 皇太子さまは、排水をスムーズにするために地下に作られた調圧水槽(長さ177メートル、幅78メートル、高さ18メートル)の中に入り、水槽の天井を支える計59本の巨大な柱に目を見張った。また、スペースシャトルがすっぽりと入るという深さが70メートル以上ある立坑の底の部分に下り「大きいですね」などと感想を述べた。

<公選法違反>愛知・美浜町議に罰金刑…名古屋地裁判決(毎日新聞)
線路に男性、朝ラッシュ2.3万人影響 大阪市営地下鉄千日前線(産経新聞)
普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
皇后さま、赤十字大会に(産経新聞)
月内完全決着、困難=普天間移設問題で−前原沖縄相(時事通信)

燃料ホースからの漏れ原因=ベトナム航空エンジン出火−運輸安全委(時事通信)

 成田空港で2008年7月、着陸後のベトナム航空機(ボーイング777−200型機)のエンジン1基から出火したトラブルについて、運輸安全委員会は23日、燃料用ホースの接続部のゴム製リングが切れていたため、燃料が漏れて発火した可能性があるとの調査報告を公表した。
 報告によると、ベトナム航空は同月8日、リングを交換した際、ボーイング社の推奨より内径が約1.6ミリ小さいものを装着した。潤滑剤を使わなかったことも重なり、ホースの接続時にリングが挟み込まれ、損傷したという。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
特集・エールフランス機墜落
〔写真特集〕航空ファン必見「航空科学博物館」
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真
「時間足りず報告書事前入手」=漏えい検証チームにJR西幹部

<公取委>「工事の談合助長」と青森市に改善要求(毎日新聞)
将棋名人戦、羽生が連勝(産経新聞)
龍馬が乗った「いろは丸」オランダ購入説覆る(読売新聞)
【ゆうゆうLife】ワクチン“格差”ヒブは20年(産経新聞)
23日から全国的に低温=九州北部は22日大雨−気象庁(時事通信)

12人中7人の委員が新任−社保審医療分科会(医療介護CBニュース)

 厚生労働省の社会保障審議会医療分科会(分科会長=加藤達夫・国立成育医療研究センター理事長・総長)の委員12人のうち7人が、4月20日付で新たに長妻昭厚労相から任命を受けた。また、同日開かれた第27回会合では、医療法人の設立認可と合併認可それぞれ1件について議論し、委員から特に異論は出なかった。今後は加藤分科会長から同審議会の貝塚啓明会長(東大経済学研究科金融教育研究センター長)に審議内容が提出され、貝塚会長が長妻厚労相に答申する予定だ。

 医療分科会は、「2以上の都道府県にまたがる医療法人」について、設立認可やその取り消し、解散認可、業務停止命令、社会医療法人の認定やその取り消しなどを行うに当たり意見を述べるために設置されるもので、年度を通して2回の開催を予定している。委員の任期は2年。

 20日は、「医療法人社団彩友会」の設立申請、厚労相所管の「医療法人社団博美会」と神奈川県知事所管の「医療法人社団博美会」の合併申請について委員が議論したが、特段の異論は上がらなかった。

 新任の委員は次の通り。
 池上秀樹・健康保険組合連合会理事、河野陽一・千葉大医学部附属病院長、堺常雄・聖隷浜松病院長、藤本晴枝・NPO法人地域医療を育てる会理事長、邉見公雄・赤穂市民病院名誉院長、森山寛・東京慈恵会医科大附属病院長、山口俊晴・財団法人癌研究会有明病院副院長


【関連記事】
福祉・医療貸付の継続で意見分かれる−厚労省内事業仕分け
さいたまの双樹会に破産手続き開始決定
「メディカル・ハイネット」に破産手続き開始決定
福祉医療機構、「仕分けられる」―医法協・日野会長
医療法人制度、4月からこう変わる

日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
代表は橋下知事、「大阪維新の会」正式旗揚げ(読売新聞)
岡本真夜さんが使用受諾=“盗作疑惑“の上海万博PR曲に(時事通信)
森づくり、削減CO2「貯金」通帳に(読売新聞)
水面に映る150本の桜=長野県須坂市〔地域〕(時事通信)

<授業不足>3年生で53時間も 北海道網走の中学(毎日新聞)

 北海道網走市の市立第二中学校の09年度の授業時間数が、文部科学省の学習指導要領の規定時間数(年間980単位時間)に足りず、同市教委が当時の校長(3月31日付で定年退職)を厳重注意していたことが分かった。

 学習指導は1単位時間50分だが、当時の校長は5分短縮し多くの授業を45分で実施。その結果、09年度は1年生(58人)が18.6時間▽2年生(55人)が17.8時間▽3年生(70人)は53.3時間、それぞれ不足した。

 当時の校長は当初報告書に記載しておらず、3月中旬に保護者からの指摘で発覚。市教委には「放課後の生徒会など諸活動に割り当てた」と釈明したという。また「慣例としてやっていた」とも説明している。【渡部宏人】

【関連ニュース】
教科書検定:ページ4割増「脱ゆとり」対応
入試出題ミス:理科で、全員に得点 国立高専
学校週5日制
特集:09年度小学校教科書検定 思考力、活用力養成が柱 「言語活動」全教科で重視
教科書検定:ページ4割増 進む「脱ゆとり」−−09年度

移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
脳脊髄液減少症治療の保険適用、次期診療報酬改定で―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
殺人 長男が家族5人刺す 父親と乳児死亡 愛知・豊川(毎日新聞)
21日に党首討論 民・自が合意(産経新聞)
酒気帯び容疑の神奈川県議、議会懇親会後に運転(読売新聞)

【風】高校授業料無償化 「学びやすい環境」の一助に(産経新聞)

 高校授業料無償化は、保護者にとってありがたい制度であることには違いない。だが、読者の方からいただくメールやファクスでは、各家庭によって経済的な事情が異なる中、「一律的に手当てすることが果たして適切なのか」という指摘が目立っている。

 《借金大国の日本で、高校授業料無償化や子ども手当は、将来もずっと続けることのできる政策なんでしょうか》。58歳の女性は、そんな疑問を投げかけている。

 さて、教育費をテーマにした「風」では、自身や子供が公立、私立に通っているさまざまな方々の声を紹介してきた。

 公立高校に通っていたという女性(26)は《公立高校に行くなら塾通いが必要というご意見がありましたが、それは少し違うと思います》と提起。《勉強でわからないところがあったときは先生に聞きに行っていたし、放課後は図書館で自習したりするのが当たり前でした》という。

 「保護者の責任」に関する意見もいただいた。

 68歳の女性は、かつては《「自分の産んだ子は責任をもって社会に送り出す」と苦しくとも頑張り、その姿を見て子供たちは成長しました》と振り返る。また、一人息子が今春、小学校を卒業したという47歳の女性は《教育費をかけるより、子供が勉強できる環境をつくることが親の務めだと思います。わが家は中学校も家庭学習をします》と決意をつづっていた。

 さまざまな家庭事情があり、教育費に対する考え方も異なるだろう。だが、大切なのは、子供たちが安心して学べ、なおかつモチベーションを維持できる環境を整えること。賛否両論はあるが、せっかく導入された高校授業料無償化が、そうした環境づくりにつながることを期待したい。(健)

                 ◇ 

 次回の「風」は「女性の生き方」を取り上げます。キャリアアップを目指す「カツマー」、目の前の幸せをかみしめる「カヤマー」といったタイプ論も生まれる中、就職や結婚、出産など、女性のさまざまな岐路における選択肢も増えています。果たして、皆さんはどのように考えますか。女性だけでなく「一言もの申す」男性の方のご意見もお待ちしています。

【関連記事】
本当に学びたい? 高校は義務ではない
民主党政権へ 自滅は御免こうむる
高校無償化は「甘やかし」「不公平」
高校無償化法が成立 4月1日施行
それでも私立を選ぶ…さまざまな理由
「中国内陸部の資源事情とは…?」

キヤノン関連工事斡旋で見返り手数料、元社長に有罪判決(産経新聞)
「諸般の事情に鑑み」お役所言葉改めます(読売新聞)
<高速割引財源>道路建設転用は1.3兆円 政府方針(毎日新聞)
「1Q84」300万部突破=BOOK3、発売前に増刷(時事通信)
喫茶店に散弾銃飾る「捕まったら懲役」と自慢(読売新聞)

練習中に倒れ植物状態、4億円賠償求め両親ら提訴(読売新聞)

 高校テニス部の校外での練習中に倒れて植物状態になったのは、顧問の教諭が立ち会わないなど学校側が安全配慮義務を怠ったのが原因として、兵庫県立龍野高校(たつの市)2年の女子生徒(19)と両親が2日、将来にわたる介護費約1億6700万円のほか、逸失利益約9300万円、生徒と両親に対する慰謝料約4400万円など計約4億円の損害賠償を県に求める訴訟を神戸地裁に起こした。

 訴状によると、生徒はテニス部主将だった2007年5月24日、同校から約1キロ離れたテニスコートで練習中、心停止で突然倒れた。顧問は不在で、他の部員が近所の人に頼んで救急搬送したが、低酸素脳症のため植物状態になった。現在も意識はなく、在学中のまま、自宅で両親が介護している。

 浜田浩嗣・県教委体育保健課長の話「訴状が届いていないので、コメントは差し控えたい」

23歳下の男性にストーカー容疑、63歳女逮捕(読売新聞)
「腹案」は米側に説明したのと同じ 岡田氏(産経新聞)
<与謝野・平沼新党>鳩山邦夫氏外れる 5人で発足(毎日新聞)
<高校無償化法>成立、4月1日から施行 朝鮮学校は先送り(毎日新聞)
<パワーウインドー>11カ月女児が指切断…3月に都内で(毎日新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
競馬情報
審査 甘い キャッシング
クレジットカード現金化
カードでお金
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
出会いランキング
携帯ホームページ
現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
selected entries
archives
recent comment
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    最近の流行 (05/12)
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    アジャ公 (05/07)
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    とろろいも (01/15)
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    カドルト (01/09)
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    道隆 (01/04)
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    サキューン (12/30)
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    こういち (12/26)
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    モグモグ (12/16)
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    ちょーたん (12/11)
  • 最北の映画館オープン=稚内で22年ぶり復活―北海道(時事通信)
    ばきゅら (12/07)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM